データ処理

データ処理

自律神経バランス(ストレス度)の算出

心拍変動の時系列データから、呼吸変動に対応する高周波変動成分(HF成分)と血圧変動であるメイヤー波に対応する低周波成分(LF成分)を抽出することで、自律神経のバランスを算出することができます。
HF成分は、副交感神経が活性化している場合にのみ心拍変動に現れる一方、LF成分は、交感神経が活性化しているときも、副交感神経が活性化しているときも心拍変動に現れると言われています。
交感神経が優位でも、副交感神経が優位でも、LF成分が現れるため、LFとHFの比をとって、LF/HFをストレス指標(自律神経バランス)とします。
エアリトモ ソファータイプでは、自律神経バランスをストレス度として判定しています。

stresgraph