ソファータイプ

(現在は販売を中止しております)
sofa

Point1 座るだけでストレス度測定

座るだけでストレス度測定ソファに埋め込まれたチューブ式空気圧センサが、心臓から身体の各所に伝わった微弱な鼓動をキャッチして心拍を抽出しています。
エアリトモ ソファータイプでは、抽出した心拍の「ゆらぎ」を分析して自律神経の働きを評価することでストレス度を判定しています。
00
ここで扱う「ストレス」の定義は、交感神経と副交感神経の緊張の程度、バランスであり、交感神経が緊張状態にあれば「ストレス状態」、反対に、副交感神経が緊張状態にあれば「リラックス状態」という定義を採用しています。

心拍のゆらぎとストレス

人の心拍の間隔は一定ではなく、長くなったり短くなったりの「ゆらぎ」があります。
yuragi01

この「ゆらぎ」は、ストレス度が低いときは大きくなり、ストレス度が高いときは小さくなり一定の間隔に近づいていきます。


エアリトモ ソファータイプでは、5分間の心拍の間隔のゆらぎを分析してLF/HF、HF、SDNNという3つの指標を算出しています。
この3つの指標は、それぞれストレスと関係の深い自律神経バランス、副交感神経活動、自律神経の活性度の指標になると言われています。
エアリトモ ソファータイプでは、3つの指標を組み合わせて独自にストレスタイプを判定しています。

Point2 ストレスタイプを判定&アドバイス

ストレス状態を判定し、状態に合ったアドバイスを表示します。

ストレス状態を判定

自律神経バランス、副交感神経、自律神経活動度の3指標の組み合わせによって「省エネ」「ぴりぴり」「はつらつ」「フルパワー」「イライラ」「ゆううつ」「へとへと」「リラックス」の8パターンに分類してストレス状態を判定します。
アプリケーション例

状態に合ったアドバイス表示

判定結果に合った生活、運動に関するアドバイスを表示します。

※アドバイスの内容は一般的なものです。ご使用者ご自身の判断で運動してください
※体調が悪い時は運動を中止し、医師の診察を受けて指示に従ってください
アプリケーション例

Point3 履歴を記録

ログインモードで測定した結果は記録され、ストレス状態の変化を確認できます。

測定結果を記録し、マイグラフを表示

選択したストレス指標の変化を確認できます。
アプリケーション例

選択した結果の数値を比較

測定時に今の状態を記録しておくことで運動前後などの数値の変化を見ることができます。
アプリケーション例

商品構成

(現在は販売を中止しております)
shohinkosei


機種名 エアリトモ ソファータイプ ASA15A
商品名 ソファー式ストレス測定器
同梱品 本体 リラックスソファー カスタマイズ(センサ、ネットワーク機器内蔵)
付属品 タブレットPC、タブレットPCスタンド、タブレット盗難防止アラームセキュリティ、セキュリティ取付金具、取付ネジ
消費電力 7W(タブレットPCは除く)
サイズ 高さ700mmx幅600mmx奥行き800mm
重量 約15kg
ホワイト、ベージュ、ブラウン、ブラックより選択
測定時間 5分間/回
判定内容 リラックス度、自律神経バランス、活性度およびこれらの総合判定
使用環境 温度10~35℃、相対湿度20~80%(結露なきこと)
保管環境 温度-10~50℃、相対湿度20~80%(結露なきこと)

測定中は動画コンテンツを選択可能

ストレス度測定に必要な時間は5分間で、できるだけ退屈せずにリラックスして測定できるように4種類の動画コンテンツをご用意しています。

※測定中の動画コンテンツは produced by Rizing inc.( http://rizing-inc.com/ )

screendontents

※コンテンツの内容は広告などにアレンジも可能です(要相談)

リラックスして座れるデザイン&お手入れしやすい合皮素材

エアリトモ ソファータイプでは、できるだけ負担なく安定した状態で測定していただくために、ソファのデザインにこだわりました。
お手入れも簡単な合皮素材を使用しています。

使用上の注意

以下の場合には正しく測定できません

Ⅰ.ご使用者について
・ご使用者の体重が30kg以下または100kg以上の場合
・ご使用者が妊娠中の場合
・ご使用者がペースメーカー等の医療機器を使用されている場合
・ご使用者が不整脈および心臓、血管系の疾患をお持ちの場合

Ⅱ.設置環境について
・本機設置環境温度(10℃~35℃)をお守りいただけない場合
・建具や家具ががたつくような振動や騒音、風圧がある場合
・ドア開閉や人の行き来の多い場合

Ⅲ.使い方について
・お子様やペットなどと一緒に本機に座った場合
・携帯電話など振動を発生する装置を使用されている場合
・測定中に本機から立ち上がったり、体を動かしたり、会話したり等をされた場合
・運動直後で呼吸が乱れていたり、汗をかき続けていたり、入浴やシャワーを浴びた直後の場合